ひまつぶしチャンネル

日々の気になること、感じたことを書いたブログです。

タイの洞窟に少年たちはなぜ入った?構造や閉じ込めの原因、救出方法を調査!

 

 

こんにちは!

タイの洞窟でサッカー少年たち13人が発見されたというニュースが衝撃的ですね!

そもそもなぜ少年たちは洞窟に入ったんでしょうか?

洞窟の構造や、閉じ込めの原因、救出方法なども調査してみました。

 


スポンサーリンク
 

 

タイの洞窟に少年たちはなぜ入った?

タイ北部チェンライ郊外のタムルアン洞窟でサッカーチームの少年たち12人と男性コーチ1人が行方不明になりました。

 

雨水による増水で閉じ込められていたところを、現地時間7月2日午後9時半頃(日本時間午後11時半頃)に発見され、全員無事だったということです。

 

13人は6月23日の午前中サッカーの練習後に洞窟に入り、9日間閉じ込められ、10日目に発見されました。

 

そもそもなぜ少年たちは洞窟に入ったんでしょうか?

 

報道では理由は不明とされています。

 

しかし、どうやら少年たちが洞窟に入ったのは今回が初めてではなく、以前から「探検」ということで何度も訪れていたことが、Facebookの情報で明らかになっているようです。

 

ちょうど閉じ込められた日は勝利祈願を行おうと事前に計画していたようで、前日にお菓子や水、懐中電灯などを用意していたそうです。

 

不幸中の幸いですね。

 

それを発見されるまでの9日間皆でちょっとずつ分け合っていたそうですね。

 

男性コーチが1人いたので、そのコーチが1日どれだけ食べるかを指示し、体力消耗をおさえるため大声を出したりむやみに動いたりしないようにしていました。

 

コーチがいながらなぜ?と思いますが、逆にコーチがいなくて子供たちだけだったら、これだけ食料や体力を残しておけなかったかもしれませんね。

 


スポンサーリンク
 

 

洞窟の構造や閉じ込めの原因、救出方法を調査!

少年たち12人とコーチ1人は洞窟内の入口から約5キロ奥にある高台の部分に身を寄せ合っているところを潜水士に発見されました。

 

洞窟の構造図はこちら

 

大雨による増水で洞窟内に水があふれ、出られなくなったようです。

 

救出には困難を極めるようです。

 

ちょうど雨期の雨水が流れ込み、道をふさいでいるうえに、今後さらに強い雨が降る予報となっています。

 

方法としては水が引くのを待つか泳いで脱出するしかないのですが、どちらにしてもかなりの長期戦になるようで、数か月かかるとも言われています。

 

どうやら食料を運んで体力を回復させてから、ダイビング技術を教えて脱出させるという案が濃厚のようですね。

 

洞窟内には食料や医薬品が届けられ、家族と電話できるように電話線も引かれたそうですが、早く家族の元に帰れるといいですよね。

 


スポンサーリンク